2017年(平成29年)から確定申告の書類にマイナンバーの記入が必要になりました!




マイナンバーカードが無い場合は身分証明書のコピーも添付しなきゃです

2017年(平成29年)から確定申告の書類にマイナンバーの記入が必要になりました!

確定申告シーズンですね!今年も管轄の税務署から確定申告書類が送られてきました。封筒にデカデカと書いてあるんですが、マイナンバーの記載が必要になったようです。いよいよ国民総背番号が動き出す訳ですね。

 

 

2017年(平成29年)から確定申告の書類にマイナンバーの記入が必要になりました!

添付の資料によると、12桁のマイナンバーの記載が必要で、マイナンバーカードを持っているならマイナンバーカードの写し、マイナンバーカードを持っていないなら「マイナンバーの通知カード+運転免許証など」の添付が必要になるんだとか。なんか添付書類増えた感じですね。

 

 

2017年(平成29年)から確定申告の書類にマイナンバーの記入が必要になりました!

マイナンバーカードを持っていない私は通知カード+運転免許証の組み合わせで出しますが、運転免許証の他にも

・公的医療保険の被保険者証
・パスポート
・身体障害者手帳
・在留カード

なんかが身元確認書類として使えるそうです。

 

 

2017年(平成29年)から確定申告の書類にマイナンバーの記入が必要になりました!

確定申告書類に氏名欄の上に個人番号っていう枠ができてますね。ここにマイナンバーを記入するということみたいです。

提出側からすると添付書類が増えたり、マイナンバー調べたりと手間が増えた印象。何かしら便利になるための礎になればいいけど。確定申告書類経由でマイナンバー情報流出多発なんて事態だけは避けてほしいものです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です